27日のニューヨーク株式市場は、2日続けて値下がりし、大企業で構成するダウ工業株平均は前日比74.17ドル(0.58%)安い1万2660.46ドルで取引を終えた. 同日発表された2011年10~12月期の実質国内総生産(GDP、速報値)が市場予想を下回り、米景気回復への期待感がしぼんだため、株式市場では売り注文が広がった. 一方、ハイテク株が中心のナスダック市場の総合指数は反発. 前日比11.27ポイント(0.40%)高い2816.55だった. スープラTK低、ティールスチール (ニューヨーク=畑中徹). 研究: ADHDは農薬暴露にリンク

Advertisements